はじめに・・・

あいさつ

26歳の頃、右M→左M→頭頂部と歳を重ねるごとに徐々に薄毛が進行
35歳で、ついに人から「ハゲ」呼ばわりされるまで悪化してしまいました。
過去から現在に至るまで、さまざまな自己治療を行なってきた結果
一番酷かった頃が60%あたりまで薄毛が進行していましたが今現在90%以上回復〜
42歳でついに周りから「ハゲ!」呼ばわりされなくなるまで髪を生やすことに成功しました。
40歳を過ぎて諦めかけている方!まだ遅くはないので「ハゲ!」呼ばわりされたくないのなら
即実践しましょう。


お礼のメッセージ

「細い猫毛で私と同じ感じだったので、これは!と思いました。
2年くらいたちますが、完全にフサフサになりました」
「髪が生えました」「ありがとうございます」
「本当に感謝してます」「家族もビックリしてます」「他にはないすごいサイトです」など
お礼のメッセージも複数いただきお役に立てれたことを大変うれしく思います。
このような方々がいて、このホームページを作成した意味があります。
今後もより多くの人に見ていただけるよう頑張っていきたいと思います。

管理人より


薄毛の原因をよく知りましょう

薄毛の原因は、このページを見てる人ならご存知だと思いますが

AGA=男性ホルモン、遺伝、生活習慣(食生活、睡眠)、ストレス、老化、不潔などありますが

私が重要視したのは、特に男性ホルモン、食生活、老化でした。


男性ホルモン

男性ホルモン(テストステロン)いわゆる5αリダクターゼ(酵素)と結び付いて

DHT(ジヒドロテストステロン)に 変化してヘアサイクルを狂わせ脱毛を引き起こします。


食生活

最近の日本人の平均身長は毎年伸びています。なぜなのか?

それは肉を食べる欧米の食文化が我々日本人の食文化に入ってきたからです。

アメリカ人と互角な体系になるのもそう遠くはないでしょう・・・。

しかし、この食生活が薄毛体質の人には災いなのです!

動物の脂肪を取り過ぎることによって、頭皮の皮脂が過剰に分泌してしまいます。

よって脱毛を引き起こします。


老化

人は生きてれば必ず老化します。老化を止めることは絶対できません。

肌が老化するとシワやシミ、たるみが出てきますが、頭皮は老化をすると

硬くなりやすく血行が悪くなり脱毛を起こしやすくなります。


薄毛治療の今をよく知りましょう

薄毛治療について

今現在、薄毛が100%治る方法はありません。

これを見て、「えーっ!」と驚かれる人も入るかも知れませんが

それはなぜか?理由は簡単です。

あるウィルスが原因ならば、そのウィルスを退治すれば100%治せますが

薄毛の厄介なところは、男性ホルモンの影響、生活習慣、遺伝、年齢、老化の進行度など全く違うので

体内の薄毛原因が特定できないところです。

また薄毛治療薬の効き方も体質の違いから個々で違うため

いまだに100%完治できる薬がでてきません。

今ある育毛薬、育毛剤は発毛率何十パーセントであって100%の物は一切ありません。

ですから今の育毛薬、、育毛剤も、あの人には効果があるけど自分には

全く効果がないという現象が起きてしまいます。

ではなぜ効果にムラが起こるのか?
ようはあの人と自分の薄毛の体質、原因が違うからなのです。

まずいろいろな治療法を試すことが薄毛克服に近づきます。

いろいろな治療を試していると、お金や手間もかかり時には悪化させてしまうこともあります。

たとえ悪化しても恐れてはいけません!恐れれば新しい治療法を全く試さなくなるので

あまり効果のない治療を長々としてしまい薄毛克服が遠のいてしまいます。

年齢を重ねれば重ねるほど今度はどんどん老化も混ざってきてしまい薄毛克服は

当然しづらくなってきます。

高いお金を払って病院やサロンでいろいろな薄毛治療の実験にされてしまうのか?

それとも、自分に適した薄毛治療法を自分で探すのか?

どちらかしかありません・・・。

ただこれだけは知っておいてもらいたいです。

自分に適した治療法なら必ず3ヶ月で効果が出ます!


薄毛治療費について

女性の化粧品のように薄毛治療費は意外と毎月かかります。

どの方法が自分自身の薄毛に効果があるかによって毎月の金額も変わってきます。

できれば毎月かかるお金を安く済ませたいとは誰もが考えることですが

薄毛治療費は絶対削らないことです。

私自身も経験がありますが、せっかくいい感じで薄毛回復していたのが薄毛治療費を削ったおかげで

再び薄毛へ逆戻りして行ってしまいました。



薄毛の自己治療を始める前に

薄毛治療は自分自身で行う自己治療が一番安価で済みますが

その前に、まずあなた自身の薄毛の原因が本当にAGAなのか?どうかを確認する必要があります。

インターネットで検索して、物販サイトや育毛商品を売り込むためのブログを見て、そう思い込んで薄毛の自己治療を開始してしまう人もかなり多いですが間違った自己治療をしないためにもAGA・薄毛専門クリニックでの無料カウンセリングを強くオススメします。


男性の場合、髪痩せは20〜22歳から徐々に年齢を重ねるごとに起こりますが、その痩せるスピードも個々でバラバラ・・・。以前の髪のボリュームが痩せて半分になれば髪がかなり薄くなったと錯覚します。また痩せたおかげで切れやすくもなり、髪が根元から切れてしまえば、とうぜん頭皮が透け始めます。
そのような方はフィナステリドを服用しても効果はありません。
原因が男性ホルモンではなく老化なので、老化対策の薄毛治療を行わなければなりません。
このような方もAGA・男性型脱毛症と勘違いしてフィナステリドを服用している方もいると思います。
もっと判りやすく言えば原因は風邪なのに、胃薬を飲んでしまってるという感じなので効果が無くて当たり前。


専門医にしっかり診てもらい薄毛の原因、疑問点、注意点などしっかり聞いて正しい知識のもとで薄毛の自己治療を行いましょう。



無料カウンセリング施行クリニック全国一覧表>>>こちらから

また自己治療で効果があまり出ない人も一度、専門医に診てもらう事をオススメします。

疑問に思う事は積極的に聞いて適切なアドバイスをしてもらいましょう。
せっかく出向いて聞き逃していたら意味がないので、聞き逃しのないように疑問に思う事など聞きたいことをリストにするなど工夫してから出向くと良いでしょう。


*私自身は2001年に当時、AGA・薄毛専門クリニックなどない時代にアートネイチャーの無料ヘア・チェックに出向いて「男性特有の薄毛です」と断定されました。


アートネイチャー、アデランスなど無料体験はこちらをご覧ください。



薄毛克服には信念が必要

よく女性の方でもダイエットに失敗する人がいますが成功する人もいます。

その違いは何かと言えば、熱意と信念=執念の違いです。

熱意だけの人は、その名の通り熱しやすく冷めやすい最初は意外と頑張りますが

一ヶ月ぐらいすると「もう〜いいや!」になってしまって全く続かない。

しかし信念=執念のある人は、絶えず熱意が生まれるため冷めないので持続する。

この薄毛治療も行なう人に信念=執念があるのか?ないのか?で結果が大きく変わってきます。

毎日、育毛薬を服用、育毛剤を塗布するだけでグータラな生活のままで

髪が生えてきてくれればいいですが薄毛体質の人はそれだけでは、なかなか治りません。

ハゲ呼ばわりされたくないなら、薄毛克服には信念=執念を持って治療を行ないましょう。


薄毛原因への各対策

薄毛に有効とされる成分

男性ホルモン抑制効果

フィナステリド・・・前立腺肥大症の治療薬として使用されていましたが、副作用で脱毛防止効果があることが判明したことから、育毛剤、育毛薬にも用いられるようになりました。5αリダクターゼU型を抑制します。


ノコギリヤシ・・・別名ソーパルメットとも呼ばれ、北米南東部の海岸地帯に原生するヤシ科の植物のことで、ノコギリヤシから抽出されるエキスも、フィナステリド同様、前立腺肥大の予防や改善に効果があります。天然由来成分のため、フィナステリドよりも副作用のリスクが少ないことが特徴でもあります。5αリダクターゼT型とU型の両方を抑制する効果があると言われています。
ヨーロッパの多くの国ではノコギリヤシは前立腺肥大症の治療用医薬品として取り扱われています。


デュタステリド・・・男性ホルモン(テストステロン)いわゆる5αリダクターゼ(酵素)と結び付いて DHT(ジヒドロテストステロン)に変化してヘアサイクルを狂わせ脱毛を引き起こしますが、この5αリダクターゼにはT型とU型があり、プロペシアなどはU型を抑える働きしか持っていませんがデュタステリドは5αリダクターゼT型とU型のどちらも同時に抑えることができるのでプロペシアの成分であるフィナステリドよりも強力といわれてます。



髪には領域の違う部分が存在してますが、これは男女に関係なく共通しています。
5αリダクターゼT型は、頭髪、ヒゲ、陰毛、わき毛など発毛部分にまんべんなくありますが、5αリダクターゼU型は前頭部、頭頂部とヒゲに集中しています。
側頭部・後頭部には5αリダクターゼT型のみ、前頭部・頭頂部は5αリダクターゼT型とU型が存在しています。


血行促進効果

ミノキシジル・・・血管を拡張させることによって血圧を下げる「血管拡張剤」の一種で、高血圧の人に処方される医薬品ですが、その副作用として多毛症になる人が多発したことから、現在では育毛剤、育毛薬にも広く使用されています。


評価の高い育毛薬

フィナステリド含有の飲む育毛薬「プロペシア」あるいはジェネリック製品「フィンペシア」や

ノコギリヤシなどの服用をお勧めします。

※男性ホルモンの強さには生活習慣、体質の違いから個人差があると私自身は考えています。




プロペシア
フィナステリド1mg



フィンペシア
フィナステリド1mg
デュタス
デュタステリド0.5mg

ミノキシジルタブレット10mg
ミノキシジル10mg

2012年7月末から、フィンペシアのコーティング剤に日本では、不許可添加物の着色料キノリンイエローが使用されます。 日本の場合は国際的にも非常に厳しい基準を持っているために 他国では問題ない添加物や着色料が日本では禁止されています。


そこで今後、注目されるのがフィンペシアに代わる着色料キノリンイエロー不使用のプロぺシアジェネリックが新たに発売されました。


そこで今後、注目されるのがフィンペシアに代わる着色料キノリンイエロー不使用のプロぺシアジェネリックのエフペシアが新たに発売されました。



2014年5月末からフィンペシアが再びキノリンイエロー不使用の販売を開始しました。
フィンペシアからエフペシアに変更にともない体質に合わず抜け毛増加で薄毛が悪化してしましたが、フィンペシアのキノリンイエロー入りからキノリンイエロー不使用、再びキノリンイエロー入りと変更しましたがそれにともなう抜け毛増加の薄毛悪化はしてません。
このことから同じ製造元のインドのシプラ社製のフィンペシア、エフペシアでも同じ人間で効果が違うので十分注意する必要があるでしょう。

その他、詳しい育毛薬の詳細や売れ線ランキングについてはこちらをご覧ください。


育毛薬の注意

今現在、アメリカ、インド、タイなど各国で製造されている育毛薬を入手することができますが、ここで注意して頂きたいのは各育毛薬はフィナステリド、ミノキシジルなどの配合や製法が違うということです。例えばプロペシアを服用して順調だったのが金銭的な理由からジェネリックに替えた途端、髪の調子がおかしくなったりジェネリックから別のジェネリックに変更しておかしくなるなど実際に起こる人も多いので育毛薬の変更には十分注意して下さい。
髪の調子がいい方はむやみやたらに育毛薬を替えないようにしましょう。
*なお一番効果が安定しているプロペシアで抜け毛が抑制しない場合は、今後の薄毛の自己治療は厳しいと思うので金額が高くなりますが医療の力を借りましょう。その理由は自己治療では、飲む塗るしかできませんが医療では打つ当てるなどいろいろ行ないますので・・・ただしAGA薄毛専門クリニックでの場合です。


プロペシアなどフィナステリドの効果

プロペシア・フィンペシアの使用者のレビューをよく見ていますが

変わりなし、変化なし、数年飲んでますが現状維持というレビューも非常に多いです。

なぜなら4人に1人が劇的変化、4人に2人がまぁ効果があった、4人に1人は全く効果なしだからです。

*発毛治療専門病院・四谷ローズクリニックのデータでは、プロぺシアでの発毛率65%前後




4人に1人の残念ながら全く効果なしの人の場合、上記のレビューのように、変わりなし!変化なし!

でも漠然と育毛薬を服用し続けてしまってます。

止めるともっと抜け毛が増えるなどいろいろ考えて

飲み続けている方々だと思いますが、効果が出ないのをなぜもっと追究しないのか?と

私は個人的に思います。

サプリメントなどでの相乗効果などいろいろしないと効果の出ない人は効果が出てこない。

*私の場合は、4人に2人のまぁ効果があったに入ると思います。

ここで注意してもらいたいのは、4人に一人の全く効果なしのケースですが同じ風邪薬を飲んでもかなり効く人もいれば、ほとんど効かない人もいます。育毛薬にも残念ながら、それがあると思います。
一つのメドは半年!半年以内に抜け毛が止まらないようであれば服用している育毛薬の効きが悪いので劇的変化=自分が満足するまでの回復は厳しいと考えた方がよいと思います。
一つの方法としてフィナステリドを変更してみたりデュダステリドに変更してみたりする必要があると思います。
それでも抜け毛が止まらないようであれば今後の回復は厳しいと思います。
クリニックによっては半年で思うような効果が出ない場合は治療をあきらめるように〜と話をするクリニックもあるので・・・。


その場合は、自己治療費や時間の無駄にならないよう速やかにAGA・薄毛専門クリニックでのAGA遺伝子検査や毛髪ミネラル検査などのメディカル検査など受けることをおススメします。

AGA・薄毛専門クリニックの無料カウンセリング全国一覧表>>>こちらから


自己治療でできること

自己治療でできることは2点だと思います。



*波のイラストを使用していますが東北の震災にあわれた方の気持ちを逆撫でるかもしれませんが、あくまで説明なのでご了承下さい。

上記の図では判りにくいかもしれませんが、ある時期をさかいに、男性ホルモン、老化、遺伝などを含んだ薄毛体質の波が大きくなります。

育毛薬などで防波堤を作りますが
4人に一人の劇的変化の方は、しっかり波のブロックができています。
4人に二人のまぁ〜効果があった方は、服用当初は抜け毛も減り順調に回復しますが、ある程度までくると足踏み。波をある程度はブロックはできていますが波に乗り越えられてる部分がある。
4人に一人の全く効果のなしの人は、残念ながら防波堤の役割をしておらず、波に飲み込まれている。
では、ここで考えれるのは防波堤を高くするのか?くる波を小さくするのか?この2点しか考えれません。薄毛の自己治療でできるのはこれだけだと思います。
ブロックを高くするにも、今有効とされている成分はフィナステリド、ミノキシジルのみでデュダステリドは脱毛治療で日本では未認可なため限界がある。 私の経験上、育毛薬+サプリメントとの相乗効果で防波堤は高くなると思います。

逆にくる波を小さくする方法は食生活の見直し、運動、サプリメントで体内の狂ってしまってるバランスを整えることで薄毛体質の波を小さくするということですが、これも私の経験上、育毛薬の服用量を減らして防波堤の高さが小さくなってますが、くる波も小さくなってるのでブロックできてます。


人気・評価の高い育毛剤

ロゲイン5% ミノキシジル5%
ポラリスNR-08 ミノキシジル7%
アゼライク酸5%
5%りんごポリフェノールなど
ポラリスNR-09 ミノキシジル15%
りんごポリフェノールの他
アデノシン
銅ペプチド
43個のアミノ酸サイモシンβ4 など

累計30,000人以上が購入している
◆6本で7900円◆2本ずつ3回に分けて発送!◆スポイト付NEWカークランドロゲイン5%(男性用)【ダイエットクリニック】
6本で7900円!
◆スポイト付カークランド・ミノキシジル5%
も人気です!

その他、詳しい育毛剤の詳細や売れ線ランキングについてはこちらをご覧ください。



薬用育毛剤

女性が肌にローションを使用して保湿、老化防止で美肌を保つように頭皮にも保湿、老化からの髪痩せや血行不良を防止するために愛用してる人がミノキシジル育毛剤より副作用がないことからも圧倒的に多いです。
育毛効果が医学的にも立証されている成分は「ミノキシジル」「セファラチン」「ヒノキチオール」「センブリエキス」「モノニトログアヤコールナトリウム」「ペンタデカン酸グリセリド」「モイステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタン」「ジアルキルモノアミン誘導体」などです。

ナノインパクトプラス
毛穴のわずかな隙間からでも入り込めるナノ粒子は、毛根に内包成分を12時間以上放出します

ナノインパクトプラス
エチニルエストラジオール、トコフェロール酢酸エステル、センブリ抽出液 その他成分:BG、POE・POPデシルテトラデシルエーテル、ヒノキチオール、メンチルグリ セリルエーテル、エタノール、ビワ葉エキス、ジオウエキス、サクラ葉抽出液、ヒオウギ 抽出液、ダイズエキス、酵母エキス-1、キナエキス、クララエキス-1、チョウジエキス、 アルニカエキス、オドリコソウエキス、オランダカラシエキス、ゴボウエキス、セイヨウ キズタエキス、ニンニクエキス、マツエキス、ローズマリーエキス、ローマカミツレエキス、 オウゴンエキス、ニンジンエキス、チンピエキス、ボタンエキス、シナノキエキス、ヒキオ コシエキス-1、冬虫夏草エキスなど
チャップアップ
日本臨床医学発毛協会会長 松山淳医師
から推薦


チャップアップ
(CHAPUP)
センブリエキス、グリチルリチン酸、ジフェンヒドラミンHCI、ビワ葉エキス、牡丹エキス、シナノキエキス、ヒキオコシエキス、ヒオウギ抽出液、ニンジンエキス、クロレラエキス、オウゴンエキス、ローマカミツレ、アルニカ、オドリコソウ、オランダカラシ、ゴボウ、セイヨウキズタ、ニンニク、ローズマリー、マツ、サクラ葉抽出液、PCA-Na、ベタイン、グリシン、アラニン、プロリン、セリン、トレオニン、アルギニン、リシン、グルタミン酸
世界46か国
250の毛髪研究団体の中から最優秀賞受賞


発毛育毛ミストM-1
グリチルリチン酸2K,ジフェンヒドラミンHCl,センブリエキス,ビワ葉エキス,海藻エキス-1,牡丹エキス,シナノキエキス,ヒキオコシエキス-1,ヒオウギ抽出液,クロレラエキス,オウゴンエキス,ローマカミツレエキス,アルニカエキス,オドリコソウエキス,オランダカラシエキス,ゴボウエキス,セイヨウキズタエキス,ニンニクエキス,松エキス,ローズマリーエキス,人参エキス,グリシン,アラニン,プロリン,セリン,トレオニン,アルギニン,リジン液,L-グルタミン酸,サクラ葉抽出液,エタノール,D-パントテニルアルコール,フェノキシエタノール,POE(40)硬化ヒマシ油,ラウリルジメチルアミンオキシド液,濃グリセリン,無水エタノール,BG,DL-PCA・Na液,トリメチルグリシン,ソルビトール液

その他、詳しい薬用育毛剤の詳細や売れ線ランキングについてはこちらをご覧ください。


なお、掲載中のチャップアップ(CHAP UP)については別ブログで掲載してますが3つの薬用育毛剤は同会社なのか?・・・をご覧ください。


育毛剤について

みなさん育毛と言えば育毛剤を連想される方が非常に多いです。
なぜ?みなさんはそう連想するのか?理由は簡単です。子供のころから、イヤッというほどテレビのCM、広告を繰り返し見せられているからです。インパクトのある効果音BGMを使用したり、有名芸能人を起用したりで、さらに記憶させられます。
CMの効果には、目で見る、耳で聞くためラジオの耳で聞くだけよりも、はるかに頭の中に記憶させられるからです。
各企業の販売戦略ですが・・・。
ものの例えですが、穴だらけの水道ホースを一生懸命外から水漏れを防いでいますが防ぎきれない。
いわゆる育毛剤のことですが、この水漏れを防ぐ一番簡単な方法は、水道の蛇口を閉めればいいだけです。体内の薄毛体質の蛇口を閉まれば薄毛は治るということですが、言葉では簡単に言えますが、これが一番難しいのです。 なぜなら、このサイトでも何度も書いていますが、みなさん個々で、男性ホルモンの影響、生活習慣、遺伝、年齢、老化の進行度など全く違うので体内の薄毛原因が特定できないからです!
ミノキシジル育毛剤の濃度をどんどん上げていっている方は育毛剤で髪を生やす!と思ってる方だと思いますが、ここでミノキシジルの濃度=発毛率ではない!ということを理解していただきたい。
濃度を上げれば上げるほど副作用の危険も高まります。
例えばポラリス使用で頭皮に痒みを覚える方も非常に多いですが、痒み=頭皮トラブルの可能性もあるので無理に使用しないことだと思います。
育毛剤は頭皮の血行促進ができていれば問題ないと思います。

ここでみなさんにお伝えしたいのは薄毛治療=体内ということを理解していただきたい。

*人の肌には、普通肌、脂性肌、乾燥肌、敏感肌などありますがとくに敏感肌の人は頭皮が荒れやすく、ただれやすいので発毛どころか逆に脱毛してしまうので注意が必要です。
また「ミノキシジルの濃度は5%でも10%でも15%でも効果に違いはない!」と話をする医師もいますが、その根拠はミノキシジルの濃度を上げることでの頭皮へダメージをより与えてしまうので、そのダメージを差し引くと結局、効果に違いはないということではないか?と私自身は解釈しています。


夏場の育毛剤使用について

育毛剤を朝夜と一日2回塗布が基本的な使用だと思いますが、職種により汗をかく仕事をされる人で薄毛治療を行なってる人もたくさんいると思います。
朝せっかく手間暇かけて育毛剤を塗布しても仕事で汗をかいてしまい育毛剤がどんどん汗で流れてしまうということを考えたことはないですか?
気がつけば頭皮に塗布したはずの育毛剤が汗で顔中に広がり髪よりも顔の産毛が反応してしまうということです。
わかりやすく説明すれば育毛剤を塗布してサウナに入ると思えば想像しやすいと思いますが果たしてその状態で育毛剤が有効に作用するのか?私は疑問に思います。職種により汗をよくかく仕事をさせてる人は夏場の育毛剤は工夫する必要があると思います。


育毛薬、育毛剤に100%すがらない

人は皆、楽をしようとします。

風邪をひいた場合、風邪薬を飲む他に体を温かくしたり、栄養を気をつけて摂ったり、十分睡眠を摂ったりの相乗効果で早期回復を図ります。

育毛もそうだと思います。育毛薬・育毛剤でその対処をするとともに、髪の手入れ、食生活などの健康面からも、いろいろな薄毛原因へのケアが必要です。

薄毛から完全復活するには、自分に有効な育毛薬、育毛剤、発毛剤、シャンプー剤の使用の他に、食生活、体の狂ってる栄養バランスなどを整えることでの相乗効果で最高の効力が発揮されると思います。

しかしながら育毛薬、育毛剤などを使用することによって後々の薬の耐性や今後、どんどん歳を重ねるごとに与える体への影響など不安要素は拭えません。

インターネット上で育毛薬、育毛剤を止めれば髪は抜ける!と言われていますが当然だと思います。

100%育毛薬、育毛剤に頼ってしまえば、それを止めれば髪が抜けるのは当たり前。

今私自身も行っていますがサプリメントで体内のバランスを整えて一日置き服用でも
髪が抜けないのは確認しました。

またフィンペシアに関しては週3の服用でも髪に影響が出ないのも確認しました。

*個人差があると思います。

まだ育毛薬など何十年も飲み続けた人などいないと思います。飲み続けることに対する体への負担、影響などもしっかり考えておきましょう。


食生活の対策

薄毛体質の方はちょっと肉類を食べたり、油っこい物を食べると影響が出てきてしまいます。

「食べるな!」とは言いませんが食べたなら、その分野菜類などを多めに摂るように心がけましょう。

糖分を摂りすぎないように注意しましょう。

カロリー消費は先に糖分をエネルギーに変えますので脂肪が残りやすくなってしまいます。

よってその脂肪が皮脂として頭皮から分泌されやすくなるので結果、 薄毛進行しやすくなってしまいます。

またアルコールを飲むのは極力控えましょう。

アルコールを飲むとシステインやメチオニンのアミノ酸が肝臓に行ってしまうので

髪を構成できなくなり薄毛進行しやすくなります。


老化への対策

薄毛の人は私自身が周りを見る限り大体メタボ体系、スタイルが良くて薄毛という人は
あまり見かけません。


30代後半辺りから体がオジさんオバさん体系、俗に言うメタボ体系になりやすくなりますが

それはなぜか?基礎代謝が下がって体に脂肪がつきやすくなるからです。

人は寝てる間でもカロリーを消費してます。

生きてるので内臓を動かしたり血液を流したりでカロリーは消費してます。

会社でいえば固定経費といったところでしょうか・・・。

しかし、この基礎代謝も老化で低下してきてしまいます。

メタボ体系になるのは、お腹には内臓がありますから他の箇所に比べ毛細血管が多く

そこに脂肪を貯めこんでしまうからです。

(私の場合は、脇腹の裏側にコブみたいに脂肪がつきました・・・。)

薄毛克服には、この余分な脂肪を燃焼させて基礎代謝を上げる必要があります。


メタボ=基礎代謝が下がる=毛細血管の血液の循環が悪い。


頭、手足が体でいえば一番端の箇所ですが毛細血管の血液の循環が悪くなり

いくらサプリメントなどで栄養を補っても体の端まで行き届かず老化を加速させてしまいます。

頭でいえば薄毛、手足でいえば冷え症や爪などにも症状が出てきてしまいます。

その基礎代謝を上げる簡単な方法はジョギングやウォーキングなどです。

健康を考えるなら20分程度で効果があると思いますが

美容まで持っていくには最低週2回1時間10キロほどはこなさないと私の経験上難しいと思います。

これをこなせるようになれば、かなりの脂肪燃焼で基礎代謝は確実に上がり体重もかなり落ちます。


体脂肪量の変動(2013/12/03現在)

実際に私自身が基礎代謝アップを行ない記録した体重の変動は下記↓
(体脂肪量を掲載しています)


計測しはじめて最大体重63.8キロ、最低が56.2キロと7.6キロ体重が増減してます。
薄毛になる前の20代前半の体重に近づくにつれて髪も劇的に回復!
安心して基礎代謝アップの運動を怠けだしましたが1年程度は体系を維持。
禁煙やフィナステリド変更などで一気に体内のバランスが狂い体重が増加とともに髪も不調。
最近では、思うように体重が減らず一段と目に見えない体内の老化を感じてるのでそれが表面の目に見えるところへ出てきそうで警戒中です!



サプリメント

育毛によいサプリメントを上げるときりがないので
実際、私自身が服用して効果のあったサプリメントを紹介したいと思います。
同じサプリメントでも、メーカーによって 製造方法や
体の吸収力、内容成分量が全く違うので注意が必要です。
サプリメント選びの基本は、長く服用しなくてはならないので価格の安さはもちろん
目的の栄養成分が多いか?だと思います。
いくら価格が安くても目的の栄養成分が少なくては、服用量が増えてしまうので意味がありません。
必ずそのあたりもしっかりチェックしましょう。

下記のサプリメントが私自身服用して、もっとも効果があったサプリメントです。
ここのノコギリヤシとフィンペシア服用でフィンカー4分割一日三回より断然効果がありました。





ノコギリヤシ粒
3か月分



SGF強化スピルリナ




シャンプー

シャンプーの選び方

健康な頭皮や髪はPH4.5〜6.5の微酸性から弱酸性の状態なため、シャンプー選びの第一条件は弱酸性のものがよいということになります。
また、シャンプーは複数の界面活性剤を混ぜ合わせて効果や使い心地を高めることが多いので、脂肪酸石鹸系、高級アルコール系、アミノ酸系、両性などの界面活性剤が使われてます。これらは洗浄力や仕上がりの風合いに関係してきます。
そのほかNMF(天然保湿因子)、PPT(複数のアミノ酸がペプチド結合で結ばれた化合物)、オイル分などの成分がありますが、脱脂力が強過ぎずシャンプー後の風合いがよく、コンディショニング効果のあるものを選ぶとよいでしょう。もちらん、頭髪、頭皮の状態、毛髪改善、育毛、洗浄、消臭など、それぞれの目的や効果に応じたもの選ばなくてはなりません。
また抜け毛の改善のためには、髪質別や、風合い別のものよりも、育毛用に開発された弱酸性、アミノ酸系のもので、育毛成分やフケ止め成分なども配合されているものを選ぶとよいでしょう。



シャンプーにも育毛剤のように合う合わないの個人差があります。

合わないものを使用するのは頭皮のかゆみなど引き起こし

脱毛を誘発してしまいますので速やかに使用を中止しましょう。


こちらの育毛シャンプーランキングを参照して下さい。



騙されてはダメ

インターネットについて

10年前に比べれば情報を得る手段が変わりました。

新聞やラジオ、TVなど待って情報を得る時代から、今は自分で探す時代になってます。

手軽に情報収集できる反面、デマの情報まで入ってきてしまいます。

そのデマの情報に振り回されればされるほど悪化させてしまい薄毛克服が遠のいてしまいます。

薄毛進行がなかなか止まらない人などは、こういった人が意外と多いです。

このような人は薄毛に対してではなくインターネットに対して勉強不足です。

薄毛克服には、いろいろな面で自分自身でしっかり勉強しましょう。


ヘアケア製品は今年間300億以上のお金が動いて年々増加しています。各企業は、このお金を少しでも取り込みたい定期購入者が欲しいので過剰に宣伝しているサイトやブログがインターネット上は多いのが現状です。



ネット販売の育毛商材

髪が生えるマル秘な方法を教えます!などと高額なお金を情報提供料として請求してくる

ネット上でよく見かけますが、実は私は一度購入した事があります・・・。

金額はそれほど高額ではありませんでしたが

ちょうど〜何をやっても効果が出ず、今後何をしていいのか分からず

ネットでよく販売されてる育毛商材にすがりました!

メールで永久にサポートしますの内容で・・・。

はっきり言って内容は・・・???

メールでのサポートも薄毛に対して、私の方が詳しかった・・・。

「これでサポート?」と、はっきり言って思いました!

ほとんど知ってる内容ばかりで金額がそれほど高額じゃなかっただけよかったですが

人間本当に悩むと右も左も判らなくなってしまい何かに頼りたくなってしまいがちですが

現状、専門医が治せないものを全くの素人が治せると思いますか?

その辺りをよく考えて下さい。


ヤフー知恵袋の危険

平成20年〜21年にかけて私自身も手軽なのでヤフー知恵袋の薄毛項目をよく利用し質問していました。
結果は残念ながら薄毛が改善するどころかその逆の過去最大の薄毛まで悪化という苦い経験をしました。
当時、効果には個人差があり仕方がないという感じでいましたが、その3年後たまたまヤフー知恵袋を久しぶりに覗いてみると無責任な回答が横暴!
10代の未成年者に成人からのフィナステリドの服用、また男性ホルモン抑制のフィナステリドとデュダステリドを毎日交互に服用を勧めたり、高濃度ミノキシジル使用で必ず髪が生えるなどでたらめな回答ばかり私が知恵袋を利用していた頃から「回答者は業者(個人輸入代行)の人間が多いので買わせるためにワザと過度な治療を勧めている!」というそれに対する抗議という意味の質問もその当時見ました。
ヤフー知恵袋は自作自演、質問者と回答者がグルなどやらせがあることは前々から指摘していましたが、なぜそのようなことをするのか?という理由ですが質問と回答はネット上に履歴がずっと残るので何年経っても閲覧する人がいるからです。
また薄毛治療を行なっているが治せていない人や薄毛治療をやったことのない人までも回答しているありさま・・・。
考えてみて下さい薄毛の質問をして回答者が自分よりも、もっと酷い薄毛だったら〜
ヤフー知恵袋は質問も回答も手軽な半面、その分危険もはらんでいることを忘れないで下さい!

フィナステリドとデュダステリドを毎日交互に服用に関しては、私は人体実験をしてると思ってます!フィナステリドまたはデュダステリドどちらか単体でしか売れなかったものが両方セットで売れるようになるので、その実績を作るため見ず知らずの質問者を個人輸入代行業者がターゲットにしていたと考えてます。
また10代の未成年者に成人からのフィナステリドを勧めるのは早いうちから育毛薬づけにしておけば長いことカモの客になってくれますから!それが狙いだと思います。




ヤフー知恵袋の自作自演の見分け方

質問者の質問履歴を閲覧、あるいはIDが新規なのか確認
さらに回答者の回答履歴を閲覧、あるいはIDが新規なのか確認
そして貼り付けられたリンク先のサイトが運営者、メッセージなど問い合わせ、外部リンクなどしっかりサイトに記載されてるのかの確認
自作自演の場合は、100%サイト運営者、メッセージなど問い合わせ、外部リンクなどありません。
ヤフー知恵袋にリンクすると、グーグルから機械的ではなく人的にスパムと判断されグーグルの検索エンジンから完全に消えてしまうので捨てサイトをワザと作成して、それを貼り付けるという行為をおこなってます。
決して、そういうサイトは何が書いてあろうが信じないように・・・誘導目的なので!
逆にしっかり記載されてる場合は、自作自演ではないとも言えます。
あとは質問の解決日時がベストアンサーの回答がされて少し経過したぐらいでの質問の解決なら自作自演の可能性がきわめて高いです。
どこの誰が回答してるかわからない、とくに薄毛、抜け毛の知恵袋など信用しないようにしましょう。




ネット上の育毛関連ランキング

薬通販、個人輸入のくすりエクスプレス

ネット上には数々の育毛関係のランキングが乱立してますが、ここで紹介させて頂きたいのが

2010年の日本皮膚科学会が男性型脱毛症(女性も)の標準的治療試案として作られたものが

下記の表の男性型脱毛症診療ガイドライン


2010年の段階では治療法は

A・・・行うよう強く勧められる

B・・・行うよう勧められる

C1・・・行うことを考慮してもよいが,十分な根拠がない

C2・・・根拠がないので勧められない

D・・・行わないよう勧められる


  男女ミノキシジル
  男性フィナステリド
  自毛植毛術
  塩化カルプロニウムの外用
C1
  t-フラバノンの外用
C1
  アデノシンの外用
C1
  サイトプリン・ペンタデカンの外用
C1
  ケトコナゾールの外用
C1
  セファランチンの外用
C2
  人工植毛術
  女性フィナステリド

外用の物は、よく国産の育毛剤などに使用されてる成分ですが

使用してもいいが根拠がないという判断をされています。

ミノキシジル+フィナステリド治療を行ない、それでもダメなら

自毛植毛あるいはカツラ的なガイドになってます。


ただし日本皮膚科学会がなぜ上記の表を公開したのか?は
私の勝手な推測ですが「薄毛治療は病院へ!」という図式を作りたかったのでは?とも考えます。


迷うなら試してみる

薄毛治療を行なっていると、これはいいんじゃないかな?など使ってみようかと思う商品に出くわすことも何度もあると思いますが
そのような人がまず行うのは商品レビューを見たり、それを使っているブログなどをネット上で駆けずり回ったりと、大体のみなさんが同じ行動をとります。
一番困るのは、★5つもあれば★1つもあり実際使った人が好対照なことを言ってる場合だと思いますが
それはなぜなのか?下記の図を見ておわかりいただけると思います。


迷えば使え

かりにこの治療をやってみよう!と思う右側から見ていたのに相談した相手が
左側から見てる人なら言うこと言うこと全面否定されてしまい「やってみよう!」という気持ちが
なえてしまうのでそのあたりも注意が必要です。
自分の薄毛に効果があるのか?ないのか?は
やれば自分の髪が教えてくれることを忘れないでください。



*協力サイト―最新 育毛商品情報

▲PAGE TOP

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。